BALANCE FLOWER SHOP

ドウダンツツジ

福島県郡山市のドウダンツツジの伊東利之さんの
産地見学に同行させていただきました。
あの美しいドウダンツツジはどのようなところに自生していてどのようにして
私たちの手元に運ばれてくるのか?興味が尽きづに念願叶っての訪問。

f0055142_13103665.jpg

f0055142_12192679.jpg
平坦ではない険しい山々をご案内していただきました。

f0055142_12203583.jpg
車で走ること数十分、山を見せていただく
移動して数十分、山を見せていただく
移動して数十分、山を見せていただく

f0055142_12232306.jpg

走れど走れど山、山、山。
ドウダンツツジが自生している場所が所々に点在している。
どこの山のどこにいけば、どの位のドウダンツツジがあるのか
全て頭の中に地図が入っているようです。
それはまるで、あそこに美味しいレストランあるから連れて行くよとといったノリで
次々と山々を巡っていきます。
限られた時間の中で実に無駄のないスケジューリングや、気遣い一つ一つの動作からも、
日々いかに時間に厳しく仕事をしているかが垣間みえます。
f0055142_12233137.jpg



天候が悪くとも、体調が悪くとも、山に切り出しに。
3年後、5年後、10年後のドウダンツツジのことを考えながら......


f0055142_12410184.jpg
f0055142_12524398.jpg
沢山の種類の樹木が混在している山からドウダンツツジを切り出し
山々に生えているドウダンツツジは場所も違えば樹形も違い、長さも違うのです。
まるで工業製品のようにきちっと揃って、サイズ違いで市場に並ぶドウダンツツジの姿に整えるのには、
不規則で不雑なパズルを行うかのように見えました。

f0055142_12510139.jpg

切り出した後にすぐに水を飲ますことができるように20ℓの水をもって山へ出掛けるそうです。
丁寧に保管され、この暑さに負けなように気を使いながら
日曜日の夜中に東北道をひたすら走りながら、月曜日の東京の市場に届くのです。



美しい山がそこにあり、美しいドウダンツツジがそこにどうぞと群生しているわけではなく
厳しい自然があり、美しいドウダンツツジが、匠の手により選定され美しい状態で
私たちに届けられているのです。
今回の訪問で一端を見せていただいただけで、到底理解には及ばない気がします....
























.












[PR]
by balance045 | 2018-07-21 14:00 | 花屋 横浜