BALANCE FLOWER SHOP

ミャンマー

ミャンマー直行便が12年ぶりに再開とうニュース。

今から12年前、大きめのリュックをひとつ担いでアジア各国を一人旅したことがあります。

数カ国を歩いてまわり、その国の文化や風習に触れ
カルチャーショックを感じずにいられなかった。

「ミャンマー」
空港についた時に、これが空港!?とあまりに簡素な感じに驚いたり、
強制両替といわれていたシステムや
驚きの連続だったことを思い出しました。

安宿に泊まり、そこで聞いた日本軍の侵略の話や、
タクシーが日本車の十数年落ちのボロボロの中古車だったこと。

そのタクシーが子供を跳ねて、子供のお母さんが大事な車に傷をつけたと、
子供よりも車の心配をしていたこと。



都心を離れると何もない草原が広がっていて
無数の星が輝く夜空をひたすら眺めていたこと。
 
自然が豊で素敵な国だなぁと思いました。


今や経済成長のポテンシャルが高く世界中の注目を集めているそうです。


蘭が自生して咲いている姿を見てみたいなと今でも思っていますが
ミャンマーのニュースを聞き以前に購入した写真集をひらいてみました。

「WILD ORCHIDS IN MYANMAR」
f0055142_19535246.jpg

ミャンマーの山奥に咲く野生蘭を写真に収めた本です。

「ミャンマーシャン州では子供達が裏山に咲くパフィオペディウムを
クローバーの花ように摘み遊び、ランの花を髪飾りや仏前に供えるのが
昔からの風習です。」とあります。
f0055142_19551068.jpg


この様な場所には訪れることはなかったのですが、
野生に群生した蘭の花を肉眼で見てみたいものです。

他国の文化が介入し経済が発展してても
この様な自然は大事に保護していただきたいと思いました。
[PR]
by balance045 | 2012-10-16 20:06 | 花屋 横浜