BALANCE FLOWER SHOP

パリにて

フローリストレビュー2011に参加した人すべてにチャンスがあったTISTOU賞
今回は運良く私が権利を得ることとなった。

最後の晩にはTISTOUさんのご招待で本場フランス料理までご馳走になりました。
f0055142_15161718.jpg

この時はすべて終えてホット一息リラックスして食事を楽しめました。
リラックスし過ぎてお酒もまわり 気が利かない一面も.........


素晴らしいのはこのような大会が新しく生まれたことや、新しいレールをさっと引いてくれた人達で
私はその出来上がった新しいレールをコトコト揺られていったのである。
その揺られごこちは前にも書いた様な経験ができて最高であった。

自分じゃなかったらどうだろう?とか、他の人だったらどんなことするだろうか?とか
いろんなことを考えていた。
与えてもらったステージがいいので、十人十色なると思います。
ココにこれたことに意味があると思いました。



私は最高にミニマムな、ただの花屋である。

もっと自分のレールをどう作るのか?考えなくてはならない。
f0055142_15404461.jpg


この様な大会が存続していくこと、この様なスポンサーの賞が沢山ついてくれると
フローリストの夢が広がりますね。
優勝者、平野さんのアートワーク楽しみです!

フローリストレビュー2011 TISTOU賞レポートでした。







ーーー追記ーーー


世の中のこの景気、贅沢品である花を扱う商売は、日本の花屋さんもパリの花屋さんも
やはり大変のようです。

パリのお花屋さんにお伺いしました。

「RYU KUBOTA」
日本でパリの花が騒がれる前に、パリに渡りお店を構えた日本人フローリストのパイオニア。
今は凱旋門近くにお店を構えます。
前回のパリの仕事では大変お世話になりまして、今回もご挨拶に。
f0055142_16214192.jpg




「ODORANTES」
ウインドーディスプレイに動物の剥製が飾ってあり、その世界観は素敵です。
温かい対応ありがとうございました。
f0055142_16293015.jpg



「HERMES Baptiste」
話題のお店。エルメスのショップの中に花屋さんを構える。
花を購入するとエルメスの紙袋に入れて渡してくれるそうです。
後日、オナーのバティスト氏とメゾンエオブジェの会場にて会話。職人魂感じました。
f0055142_16302344.jpg
f0055142_1630851.jpg



「Rose bud」
昔ながらのパリっぽい花屋さんとは違い、洗練された空間。
店内に置いてある小物もセンスが光ります。
f0055142_16395598.jpg

デコレーションの仕事から帰って来た所でした。
一瞬でしたが、戻って来たお花を見て「美しい」と直感的に感じます。
f0055142_16394068.jpg

この花器は私の心に刺さります。


「FOUR SEASONS HOTEL」
ここもあまりにも有名。でも外せないスポット。
生(ナマ)「ジェフ差し」見学、圧巻です!
今回はかすみ草やあじさいなど白いお花でした。
f0055142_16453684.jpg
f0055142_16452034.jpg



旅行気分で、チャラチャラお伺いするのは失礼承知でしたが、温かい対応
ありがとうございました。

素敵な街に素敵なお店持てるようになりたいと夢は膨らみます。



終わり。
[PR]
by balance045 | 2011-09-29 18:56 | 花屋 横浜